接骨院でのマッサージ

10年以上前に腰を痛めてから、時々接骨院に行っています。接骨院での施術は色々です。
症状に合わせて、最新の治療機器を使ったりしますが、治療の要の一つがマッサージ。
あれ、「どうせなら最新機器の方が…」と思いましたか?
うん、分かります。
マッサージの発祥なんて知りませんが、それこそ太古の昔からあったでしょうね。
特別な器具は必要ないし、部位によっては自分でもできます。
もしかすると、最も原始的な治療法かも知れません。
でも、一見「誰でもできそう」なものほど奥が深い可能性があります。
私のよく行く接骨院では、院長先生の他に何人か先生がいらっしゃって、もちろんどの先生からもマッサージをしていただけます。
どの先生のマッサージも効果がありますが、何と言うか、院長先生のマッサージはレベルが違う。
若い、まだ経験の浅い先生のマッサージは、希に力だけが先行している感じになります。
痛くないように配慮はしていただいていますし、別に不満はないのですが、イマイチ物足りない。
院長先生のマッサージって気持ちいいんです。力が無駄なく伝わっている様で、当然痛みもありません。
接骨院では、最後の仕上げにマッサージをするのですが、院長先生じゃないと少し残念になります。
マッサージ担当の指名…ダメですよね。

ホームページ